境界のこと

建築を考えるのは、境界を考えることだというのを聞いてなるほどなと思いました。で検索窓に”建築、境界”と入れると

境界とは、パブリックとプライベート、個人と社会の間に存在するものです。 そして、暖かさと寒さ、見えるものと見えないもの、汚れたものと綺麗なものを切り離すのが建築境界要素であり、境界であります。

と出てきます。

確かに建築空間の設計デザインの大半は境界線をどう処理するのかを考えています。一番最初に考えるのはその土地と街やお隣など周辺環境との境界をどうするのか、から始まります。周囲に対して開放するのか、閉ざすのか。境界の作り方も様々でコンクリートブロックの見えない壁で遮ることもできれば、植栽の植え込みで境界をつくることも出来たりします。物理的に分けてしまうのか、心理的な境界を意識させるのか、それによって周囲との関係性をつくっていきます。

建築物になると、まずは住宅と外の境界となる外壁や屋根、次に内部の室と室の境界。それらをどう区切るのか、どう関係づけていくのか、そのやり方は床や壁・天井等内装の素材や色の変化でなんとなくあちらとこちらを意識させたり、照明の濃淡や家具を利用したり、もちろん壁を立ててしまってはっきりさせるようなものまで多種多様で、境界線の作り方は無限にあります。

さらに言うと仕上げの部分。素材と素材のぶつかり合うところの境界(納まり)をどうするのかということも考えます。例えば床と壁がぶつかり合うところには大抵は幅木というものがついています、これは掃除機等がぶつかった時の壁の保護のためとよく言われますが、同時に床材と壁材の境界部分を隠すためだったりもします。異なる材料が接する部分は美しく仕上げるのが難しいので隠してしまおう、という施工上の理由であったりもします。

境界をつくるのが目的ですが、その境界線をいかに意識させないか。大きな壁で仕切ってしまうのが一番確実ですがそれだと息苦しい。適度に解放しながら上手く境界をつくっていきたい。仕上げの部分も境界を隠すのに幅木などを安易に使用すると逆に境界が目立ちます。いかに目につかないように設置するか、もしくは無くて済むようなデザインにできるか。そんなことを考えながら設計しています。そうやって吟味しながら作られた境界で生まれる新しい環境を考えていきたいと思っています。




wacca architects 一級建築士事務所
坊垣祐司

インテリアとグリーン

先日、近所でビカクシダ(日本では通称コウモリラン)のポット苗が売っていたので思わず購入してしまいました。狭いうちの中には既に植物が結構たくさんあるのでしばらくは増やさないようにしてたのですが…。というのも以前あまり知識もなくビカクシダの苗をそのまま鉢に植えて育てていて枯らしてしまった経験があり、いつも気にはなっていたのです。ただ販売されているのは大体が立派に育ってお値段もそれなりのものが多くて、今回のようにポット苗で売っているのが珍しく、ここから育ててみたいなと思った次第です。(このビカクシダに限らず、カッコよく仕立ててあるものを買うより小さめのものを買って育てていく方が好きです。)

で、どうせならと流木やら板やらに着生をやってみようと。材料を揃えて自分でやってみました。結論、非常に楽しかったです。ベイチーというものと、ビフルカツムというもの2種類でベイチーの方は2株になっていたので株分けしてそれぞれ流木と板に水苔でマウントしてみました。なかなかいい感じになりましたよ。板は仕事で使う素材のサンプル手板が結構ありまして、その中かから焼き杉の黒く塗装してあるものを選択。あと流木バージョンとマングローブの根っこバージョンの計三つ。育ってどんな姿を見せてくれるか楽しみです。

最近はインテリアに植物を取り入れることも一般的になっています、とはいえ手がかかるので敬遠している方も多いかもしれません。ただ、室内で植物を育ててみると面白いのが、家の室内環境のことをとても意識するようになります。ここの窓辺は春先までは日差しがよく入るけど夏になると庇で入ってこないとか、この北窓は直射は入ってこないけど明るさは結構ある、あそこの窓は朝日が最高に気持ち良い 等、季節や時間帯、天候での光の差し込み方はもちろん、どの窓と窓を開ければどこに風が通るかなど。植物を育てるのにそれらがとても重要だから自然とそういうのが分かってきます。

で、ふと気付くのが植物にとって気持ち良い場所って人も気持ち良い場所なんですよね。春先は日光浴が気持ち良くても夏の直射日光などは苦手なので庇で遮ってあげたいっていうのは人も植物も同じ(家も)。よく考えられて気持ち良く生活ができる家だと植物も元気に育つことができます。もちろん植物の種類によって最適な環境はそれぞれありますが、基本は光と風と水が必要ってことで(専門家によりますと、それに加えて愛情も重要とのことです。)それって私たちと同じです。

大体インドアグリーンって竣工した後、この辺りに置いて…とかって考えがちですが設計する段階から植物のことも考えながら計画すると、より植物にとって良い環境づくりや素敵なインテリアになる。のはもちろんですが、植物に良いことを考えることは、実はそこに住む人にとってもすごく良い環境を考えた計画になっているはずです。




wacca architects 一級建築士事務所
坊垣祐司

白い壁

日本では壁の色といえば白というのが一般的ですが、なぜ標準が白になっているのかと考えてみました。

よく言われるのが広く見えるとか清潔感があるとか、とか。あまり普段疑問に思わなくなっていますが盲目的にとりあえず白い壁紙をベースとしている家が多いと思います。

昔の民家は土壁で茶色っぽいイメージがありますが反対にお城は漆喰の白です。なぜお城は漆喰なのかというと、それは漆喰には高い防火性能があるからです。蔵の壁が白い漆喰なのもそうです。つまり白い色を選んだのでは無く素材の性能から選ばれたといえます。

白が広く見えるとか、清潔感がある、という理由はいまいちよくわかりません。部屋を広く感じさせるのであれば天井を高くしてみたり、入隅を目立たないようにしたりなど空間的な工夫でできることは多数あり、またその方が効果があります。白いバックは意外と物が目立ってしまうので部屋の中の家具などとのバランスが難しいこともあります。本当はなぜその色にするのか、を考えられていないから。いつからか無難な色は白とされ、標準的で一番安い壁紙が白で大量に生産されコスト重視のアパートやマンションの壁は全て白になり…そこで暮らしていくうちに白が普通という感覚になってしまっているかもしれません。

ヨーロッパの街を飛行機で上から見ると街ごとに色が違います。それはその土地で取れた土や石で建物が造られているからです。ギリシャの街が白いのは地中海沿岸の土地に含まれる石灰で壁が塗られているから。そして、その白は地中海の強い日差しを反射し家の中を涼しくし、また石灰の除菌作用で雨水を使用していたという歴史もあるそうです。

こうやって考えてみると日本のお城もギリシャの街も白い色にしたのは、きれいだからとか無難にとかではなく、その建物の用途や気候風土など様々な理由から生まれた必然的な白だったということがわかります。

そんなふうに壁の色ひとつとっても”何となく白”ではなく風土や機能そしてインテリアとの調和など一つ一つ考えながら決めていけるともっと空間の質がよくなると思います。




wacca architects 一級建築士事務所
坊垣祐司

居心地の良さ

今、自宅の居心地の良さというものをあらためて考えている人がかなり多くいるのではないでしょうか。

このコロナウィルスによる影響でリモートワークが広がり人と人が物理的に会う機会が極端に少なくなり、自宅で過ごす時間は以前と比べ物にならないくらいに増えていると思います。リモートワークは通勤の混雑緩和や人口の都市集中の問題の解決に有効とされ、東京オリンピックを前に推し進めようとしていながらも現実には全く進んでいませんでした。それが今回の件で強制的にほとんどの会社がリモートワークに舵を切らざるを得ない状況になりました。つまり、これはコロナウィルス の影響で一気に進んだものの一時的ではないと考えられます。

となると自宅がこれまでとは異なりオフィスという仕事をする場所としての機能も必要になる。より多くの時間を自宅で過ごすことになり、その快適性は格段に重要になると思いますし、実際に皆さんそう考えているようです。

いろいろなことがバーチャル空間やリモートで可能になりながら、実際に必要な空間の居心地の良さの重要性はより高くなるように思います。それはただ表面的な装飾ではありません。なぜならそういう見た目の部分はもうバーチャルでまかなえるからです。ZOOM会議などで背景はいくらでもバーチャルにして格好良くできますが、実際の居心地の良さは別に考えなければいけません。

では本質的に心地よい空間ってなんだろうと考えると単純なようですがやはり”自然環境”ではないかと思っています。

日中の時間帯に自宅にいることは、今まで利用できなかったものが存分に使えます。それは光と風です。光の差し込む風通しの良い空間以上の快適な場所はありません。これまで高気密・高断熱という謳い文句で気密性を高めることを追い求めてきた日本の住宅ですが、今回のコロナ禍は本質的に快適な空間を考え直す良い機会になりそうです。




wacca architects 一級建築士事務所
坊垣祐司

気づかれないデザイン

建築の設計に限らず物を考える(デザインする)ときに、いつも基本になるというか片隅に考えておきたいことがデザインが主役になってないのがいいな、ということです。分かりにくいし伝わりにくいのですが、デザインしていることがこれみよがしに見えているのではなく、普段から何気なくそこにあるものでありたいと考えています。

私はイタリアのデザイン事務所で勤務していたことがありましたが、ちょうどその頃に亡くなったイタリアデザイン界の巨匠の一人にアキッレ・カスティリオーニという人がいました。数々の有名なプロダクトを手掛けていますが、その中で彼が一番気に入っているものがある”スイッチ”らしいのです。

その理由が、”著名なミュージアムに自分の名前と共に飾ってあることよりも、自分がデザインしたことなど知らず、どこの家庭にも昔からあったもののように使ってくれているものの方が嬉しい”のだそうです。

L’interruttore rompitratta di Achille e Pier Giacomo Castiglioni

とてもシンプルなスイッチですが本当に無駄が無く美しい形をしていますし、操作した時のカチっという感覚も何とも気持ちの良いものです。 このスイッチは実際にイタリアの家庭のあらゆるところに普通に使ってあります、でみんな気づいていないし、もちろん話題になるようなものでもない。

普段は意識しないし気づかない、けどよく見るとすごく気を使って考えられている、美しい。気づかないということは”気にならない”ということで、自然にそこに存在できているということです。地味な作業の積み重ねですが、そんなことを大事にしていきたいと考えています。




wacca architects 一級建築士事務所
坊垣祐司