自然の光を入れる

採光を計画する 前回書いた太陽の動きを考えながら、今度はその光をどうやって取り込むかを考えます。採光計画では光の性質に加えて取り込む位置や取り込む部分の形やそれらをコントロールする手法などを考慮しながら計画します。 特に … Continue

太陽の動きを考える

11月になりだんだんと日が沈むのが早くなってきました。気候的にも日に日に寒くなってきます。この頃になるとやけに陽が差し込んでくるなぁ、なんて思ったりします。 自然光を採り入れる 自然の光を採り入れると一言で言っても実は結 … Continue

造ること

名建築巡り 最近、”名建築で昼食を”というドラマが結構面白かったです。ちょっとしたショートドラマで毎回都内の名建築を訪れて食事をするというものでした。なかなかマニアックな視点での解説付きで美しい近 … Continue

固有性と一般化

スペインバスク地方サンセバスチャンの海岸線を訪れた時に固有性について少し考えました。 固有性 – あるものにもともと備わっている性質。 そのものだけにあり、それによって他と区別されるような性質。と辞書にはあり … Continue

固有のもの

2020年の1月末ですが、パリのメゾン・エ・オブジェの帰りにスペイン-バスクのサンセバスチャン、ビルバオへ行ってきました。 ヨーロッパで毎回とても興味深いことは陸続きの土地の中であるにも関わらず(しかもそんなに離れてるわ … Continue

経年変化

時を経て美しくなるもの 世の中の多くは使い始めが最も美しく、年月が経つにつれて劣化していき、そして廃棄されます。しかしながら無垢の木材は年月の経過に伴い、歴史を刻み、その場所だけの表情が深く美しくなっていきます。 先日、 … Continue

調和する

日本の色 日本の都市の色は、と聞かれるとなんとなくグレーだと思う。アスファルト、コンクリート、電柱、行き交う人の服、特に朝夕の通勤時のスーツの色など、やはりグレーが基本になっているように見える。色を使うのが苦手なのだろう … Continue

空気の流れ

室内に熱をこもらせないためには様々な方法があります。最新の設備を用い、かつ建物の断熱性能を上げ空調の効率を上げることは基本とされ、そのような設備に頼った空調システムはアクティブな手法と言われています。それに対し近年特に省 … Continue

軒と庇

最近の住宅にあまり無いなと思われるのが軒と庇です。昔の日本の住宅の写真を見ると大きく突出した軒が特徴的なのがわかります。 軒の役割 深い軒は夏の強い日差しを防ぎながら、角度の浅い冬の日光は取り込みます。真夏は直射がガンガ … Continue

境界のこと

建築を考えるのは、境界を考えることだというのを聞いてなるほどなと思いました。で検索窓に”建築、境界”と入れると 境界とは、パブリックとプライベート、個人と社会の間に存在するものです。 そして、暖か … Continue