ZAPPETO(ザペット)について



H.P.DECO 好奇心の小部屋
今年の1月にフランス・パリの”Maison et Objet(メゾン・エ・オブジェ)”展で発表した我々のオリジナルプロダクトの”ZAPPETO”(ザペット)がこの5月に日本でも取扱いがはじまりました。
まずはH.P.FRANCEさまの北青山の”BAZAR et Garde-mange”(バザー・エ・ガルドモンジェ)でオーダー会です。こちらはパリ、メゾン・エ・オブジェに出展した際にMarthe Desmoulins(マルト・デムラン)さんというバイヤーの方と出会い実現しました。先週末には同系列店である”H.P.DECO 好奇心の小部屋 福岡店”でまずは先行して発表されました。


ZAPPETO_006
このプロダクトはラグという分類なのですが、普通のラグと大きく違うのは”立体的に設計”してあるところです。普通ラグというと四角い(以外もありますが)マットにどんな絵を書くか…というデザインですが、我々はラグを敷物としてでは無く”空間における家具”として設計をしてみました。写真では分かりづらいのですがこの波紋のようなぐるぐるとした円形はただのグラフィックではなく中心から外へ向かってだんだんと高くなっていて断面的には”お椀型”になっています。またこれは決まった場所にずっと敷いておくものではなく、自分の気に入ったところに持っていき使いたい場所で使うものです。座布団のような感覚ですね。コンセプトが“居場所をつくる”ということで、自分のお気に入りの場所を作るのはもちろん、人と人がつながる場所、集まってくる場所などいろいろな空間=居場所を生み出せるものとしてデザインしています。

昔から日本ではリビングやダイニングなどお部屋に名前などは無く、座布団と円卓を置けばダイニングになり、布団を敷けば寝室です。それらを仕舞い建具を開けば催事の際の広間が出来たりもします。日本では明治以後に西洋家具が入るまで、家具全体をさす言葉はなかったようです。ほとんどが建築にくみこまれた家具であり、家具自体が建築だったとも言えます。そういう意味では空間の考え方は今よりずっと自由であったのかもしれません。リビングだからソファとローテーブルを置いて…という決まりきった設えではなく、今日は天気がよくて日のあたる窓際が気持ち良さそうだな…と思った場所に持っていけばそこに自分だけの空間ができる。そんな使い方ができればもっと自由に空間が楽しめそうです。

考え方もそうですが、質の良さにもかなりこだわっています。先述したお椀型ですが、糸の打ち込む高さを職人の手で調整しながら打込んでいくことや綺麗な正円を描くこと、これはなかなかどこでもつくれるものではありません。是非この美しいカーブにも注目してください。材料であるウール、そしてその糸になるべく負担をかけずに染める“カセ染め”など、素材にもかなりこだわったからこそ美しい色が表現できています。

詳しくはこちらです。www.zappeto.com

オーダー会開催予定は下記です。

期間中はバイヤーのマルト・デムランさまによるカラーカウンセリングでパーソナルオーダーをサポートしていただけます。またマルトさんのオリジナル色も限定でご注文いただけます。是非この機会をお見逃し無く。

マルトデムラン

【Bazar et Garde-Manger】

日時:2016年5月21日(土)・22日(日)15:00~19:30

会場:Bazar et Garde-Manger

東京都港区北青山3-7-6  TEL: 03-5774-5426

【H.P.DECO 好奇心の小部屋 福岡店】

日時:2016年5月13日(金)・14日(土)15:00~20:00

TEL: 092-716-8202

【H.P.DECO 好奇心の小部屋 二子玉川店】

日時:2016年5月19日(木)14:00~18:00

TEL: 03-6411-7128

 


Leave a Comment